■SLソイルサンド舗装のQ&A

1.舗装の種類とその特色2.SLソイルサンド工法(舗装)3.薬品(SL−1900、SL−1000)4.その他

1.舗装の種類とその特色
1−1
景観自然舗装とは何ですか?

自然舗装と表現されている設計書もあり、自然の土(真砂土)を主材とし、硬化剤や接着剤とミキシングして、舗装材を製造します。
1−2
景観自然舗装の工法は?

大別して、転圧工法とモルタル工法の2種類があります。

@転圧工法
硬化接着剤として、乳剤・樹脂剤等有機剤が使用され、含水比率を6%以下とし、フィッシャーで混合土を敷き詰め、ローラーにて転圧します。
シュタイン・ドライアスト・オイルステン・サンフレッシュ・MR-7等はこの工法です。

Aモルタル工法
硬化剤としてセメントを使用し、無機系の添加剤と水を加え、スランプを13〜18にして、左官ゴテにて仕上げる。SLソイルサンド舗装は、モルタル工法の代表的な工法です。
1−3
自然舗装について、もう少し詳しく知りたいのですが?

自然舗装は、土を踏み固めた状態が理想であるが、雨水等で土が流れ出したりするのが欠点である。この欠点を補い、土を自然の固さに近付け、舗装材として使用を可能にしたのが、SLソイルサンド工法です。
1−4
転圧舗装とモルタル舗装の耐用年数は?

転圧舗装
含水比率が小さい為、ミキシングが均一になりにくく、舗装後、2〜3年で表面がささくれた状態になる。

モルタル工法(SLソイルサンド舗装)
水を多く使用するので、均一なミキシングが出来、10年以上の耐用年数がある。

1.舗装の種類とその特色2.SLソイルサンド工法(舗装)3.薬品(SL−1900、SL−1000)4.その他

2.SLソイルサンド工法(舗装)
2−1
SLソイルサンド舗装とは?

真砂土を主材とし、セメントを少量・顔料・土質改良剤(スーパーリキッドSL−1900)に水を適量加え、モルタル状にし、土の特性を最大限に生かした自然舗装です。
2−2
SLソイルサンド舗装の路盤は、どのようにしますか?

RC、もしくは、粒度調整砕石にて構成し、いずれも、十分に締め固め、打設直前には路盤散水を必要とします。
2−3
SLソイルサンドの特性とは?

流動性・吸水性に優れ、固さの加減を調整出来るので、適材適所に使用出来ます。又、真砂土に代わる主材の開発も進み、現地の土・リサイクル材等に改良を加え、舗装材としての使用も可能です。
2−4
施工時に、特に注意する事は?

夏場は路盤にたっぷりと散水し、湿潤養生を心がけて下さい。
冬場は5度以下での施工は霜柱等が出来、固化しきれないで凍結融解(剥離)が発生する恐れがありますので、出来るだけ避けてください。
また、どうしても施工する場合は寒中コンクリートと同じ扱いで(シ ート類等で保温し、温度を5度以上、ソイルを0度以上に保つ)十分な強度が出るまで養生して下さい。
2−5
SLソイルサンド舗装の仕上げは、どのようにするのですか?

SLソイルサンドを打設し、レーキ等で敷きならし、木ゴテや金ゴテで水平を出し、1時間前後して水が引いた後、カンジキを履いて金ゴテで押さえをする。
その後、ホウキ又はハケで、表面を仕上げます。
2−6
透水性はありますか?

透水性と表現するよりも、吸水性があると言った方が適確だと思います。
通常の土と同じです。粒子の大きい土ほど吸水性が良いです。
2−7
SLソイルサンド舗装の伸縮率はどうですか?

セメントモルタルよりも、伸縮率は小さいです。通常、施工時に目地はいりませんが、カッター目地を入れる場合もあります。
2−8
草は生えませんか?

表面が固く水分もないので、種子が芽を吹かないので草が生えません。
2−9
固さの調整ができますか?

SL−1900(土質改良剤)は、一定量(1缶18L/m3)で、セメント量の加減に於いて固さ(強度)を変えることが出来ます。
2−10
SLソイルサンド舗装には、どんな特色がありますか?

SLソイルサンド舗装の特色

@真砂土・セメント・土質改良剤(SL−1900)の混合材による舗装。
A用途に合わせて固さが調節出来る。
B作業性(流動性)と安全性に優れている。
C雑草の発芽が防止出来る。
D夏期における、温度の上昇が少ない。
Eカラー舗装が、安価で簡単に出来る。
F昔の面影漂う歩行感があり、環境に調和出来る。
G吸水性・保水性がある。
H酸・アルカリ・紫外線に強く、耐久性に優れている。

1.舗装の種類とその特色2.SLソイルサンド工法(舗装)3.薬品(SL−1900、SL−1000)4.その他

3.薬品(SL−1900、SL−1000)
3−1
SL−1900、SL−1000の違いは?

共に土質改良剤ではありますが、SL−1900は舗装用、SL−1000は土壁用に開発された商品です。
SL−1900よりもSL−1000の方が、土に粘着性が出ますので、壁に塗り易いです。住宅周辺や土間等にも、SL−1000は使用出来ます。
3−2
SL−1900、SL−1000(土質改良剤)は、硬化剤ではないのですか?

硬化剤ではありません。無機系のセメント固化添加剤です。
3−3
SL−1900、SL−1000(土質改良剤)は、どんな働きをしますか?

自然の中で採取される土の中には、セメントの固化を妨げる色々な物質が 含まれています(有機物質・フミン酸等)。SL−1900(土質改良剤)を添加すると、セメントの固化反応(水和反応)を活発化し、強力な固化反応を示し、固化後、風化を防止する作用があります。
3−4
コンクリートにSL−1900、SL−1000を入れても、効果がありますか?

コンクリートは、砂・骨材・セメントに水を加えて製造します。材料が全部無機質のものなので、SL−1900、SL−1000を入れても、効果はありません。

1.舗装の種類とその特色2.SLソイルサンド工法(舗装)3.薬品(SL−1900、SL−1000)4.その他

4.その他
4−1
有機剤について?

有機剤は、夏の高温時に溶け出す恐れが有ります。溶けると有機物質となり、自然に悪影響を及ぼします。
4−2
クラックの生じる原因を教えて下さい。

@路盤の不良(転圧等の不足により、水を含むと路盤が下がる。
A混合材のミキシング時間の不足(ミキサー車での混合は、10分以上、高速回転で練る。)
B養生不足(気温の高い時、風の強い時、表面の乾燥が速くなり、ひび割れの要因となる。)
Cコテによる押さえの不足
D寒冷地では初期養生、施工時期も大切です。
4−3
練り混ぜが重要な様ですが、どうして重要なんですか?

混練不足のまま施工しますと、クラックや風化による劣化の原因となります。SL−1900、SL−1000は有機物に働きかける作用を持っています。 これは、真砂土に浸透しながら作用する為、ある程度の時間を要します。SL−1900、SL−1000の力を発揮する為にも十分混練して、打設して下さい。
4−4
近隣で採取される土が舗装に適しているか、判断できないのですが?

当社では全国の土を収集、研究しており、大まかなアドバイスは可能ですが、公共工事等、確たる品質を明示する必要が有る場合、サンプルとして当社に送って下さい。
試験等行って判断致します。(費用に関しては御相談下さいませ。)
4−5
歩道・駐車場・重車輌の駐車等、用途によってセメント量を変えるそうですが、セメント量の添加量はどうやって決めますか?

基本的にタイヤの接地圧から一軸圧縮強度を計算し、動的荷重の安全率を含まえた上で、算出致します。
御気軽に問い合わせ下さいませ。(必要な場合、書式を以ってお答え致します。)

Copyright (C) 1991 SL KAGAKU Laboratory Corporation. All Rights Reserved.